百貨店大手、カード事業で稼ぐ 

百貨店大手は、クレジットカードの還元率を高め自社への顧客囲い込みに躍起になっています。

百貨店大手のクレジットカード事業の収益が拡大している。三越伊勢丹ホールディングスは2013年度の同事業の営業利益が前年度比13%増える見通し。高島屋も6%増え、両社とも過去最高になる。値引きに使いやすいよう使い勝手を向上したほか、高額品の需要増を背景に利用者を取り込みやすくなっている。安定した収益源として業績押し上げ要因になりそうだ。

百貨店のカード事業は主に決済手数料が売上高となり、販売促進費や人件費、システム関連費用などを差し引いた金額を営業利益に計上している。三越伊勢丹と高島屋にJ・フロントリテイリングを加えた大手3社では、カード事業の営業利益合計額が13年度に4%増の約113億円になるもよう。部門売上高では3社がそろって過去最高を更新する見通し。

三越伊勢丹は14年3月期、カード事業の営業利益が前期比13%増の49億円になる。同社のカードは前年度の購入額に応じて値引きに使えるポイントの還元率が高まる仕組み。前期から、家族登録をすれば2親等以内に限ってカードの購入実績を合算できるサービスを始めた。買い物頻度が高い母親などを中心に家族全体を囲い込んでいる。

昨年秋以降は株高の影響などで高額品消費が伸びている。百貨店にとっては他の小売業界よりも消費者を取り込みやすい環境にあることも追い風で、カード事業の売上高は約6%増える見込み。ポイントを獲得しようと、携帯電話や公共料金の支払いなど店舗外での利用も増えている。

高島屋もポイントを目当てにした外部利用の拡大が追い風だ。14年2月期のカード子会社「高島屋クレジット」の営業利益は、前期比6%増の38億円になる見通し。連結営業利益(前期比10%増の280億円)の1割強を稼ぐ。

Jフロントは今期、外商の得意先に限って発行していたポイントカードにクレジット機能を付加し、利便性を高める。切り替え費用が一時的に生じて部門利益は26億円と1割強減るが、売上高は6%増える見込みで成長が続く。
日経新聞[2013/6/4]より

【大手百貨店のクレジットカード】
■三越伊勢丹ホールディングス「エムアイカード」
micard_01.jpg
■高島屋「タカシマヤカード」
takashimayacard_001.png
■J・フロントリテイリング「DAIMARU CARD」
DAIMARU CARD_001

■J・フロントリテイリング「マツザカヤカード」
matsuzakayacard_01.jpg

■阪急阪神百貨店「ペルソナカード」
personacard_01.jpg

■阪急阪神百貨店「エメラルドSTACIAカード」
staciacard_01.gif

スポンサーサイト



GE Money ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 

  • アメリカン・エキスプレスとの提携カードがGEより発行
  • 迅速審査で最短10分で回答!!
  • 高いポイント還元率1%
  • 年会費は12600円と本家の半額以下の年会費でアメリカン・エキスプレスが手に入る!
    (本家アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード年会費27300円)
  • 国内・海外旅行傷害保険が自動付帯1億円(カードに加入しているだけで適用)
  • ネット上での不正利用の損害を全額補償

【年会費】 12600円
【審査時間】 最短10分
【付帯保険】 国内旅行・海外旅行傷害保険自動付帯 最高1億円
【申込資格】 原則25歳以上、年収500万以上
[2009年1月10時点情報]

今月のオススメ!カード 

「ライフカード」
このカード最大の特長は、誕生月にはポイント5倍!!

出光カードまいどプラス 

  • 出光SSでのガソリン、灯油がそれぞれ5円、3円割引(入会後1ヶ月間)
  • 支払いまでの期間はカード業界最長(毎月末締切、翌々月7日の支払い)

【年会費】 永年無料
【限度額】 10~70万円
【審査・発行】 最短3営業日発行
【付帯保険】 -
[2008年9月23日時点情報]

>>公式サイトはこちら「出光カード

アイワイカード 

  • イトーヨーカドーやエスパなどで特定日に衣料品や住まいの品を購入すると5%OFF
  • 100円毎に1.5ポイント。貯まったポイントは1ポイント=1円。1ポイントから無駄なく使うことができる。
  • オンライン申込でもれなく1000ポイントもらえる!


【年会費】 初年度無料(次年度以降500円。ただし前年度ショッピング5万円以上利用の場合は無料)
【限度額】 10~50万
【審査・発行】 約4週間
【付帯保険】 -
[2008年5月23日時点情報]

GE Money アメリカン・エキスプレスカード 

  • アメリカン・エキスプレスとの提携カードがGEより発行
  • 迅速審査で最短10分で回答!!
  • 通常のアメリカンエキスプレスにくらべ5倍のポイント制度(100円=5ポイント)

【年会費】 初年度年会費無料(5/31申込分まで)
【審査時間】 最短10分
【付帯保険】 「国内旅行」3,000万 「海外旅行」3,000万 
【申込資格】 20歳から申込OK 

UCS KARUWAZA CARD 

・サークルKサンクスが発行する、Edy搭載・各保険付きの年会費無料カード
・アピタ・ユニー・ユーホーム、ラ フーズコア、ユーストアにて5%割引!
・サンクスでカードを使うとポイント2倍!Edyチャージでもポイントが貯まります。
・全国の宇佐美400店舗(直営のみ)で3%OFF
・充実の海外旅行保険・国内旅行保険まで付帯。

【年会費】 永年無料
【限度額】 20~30万
【審査・発行】 3週間程度
【付帯保険】 「海外旅行」1,000万  「国内旅行」1,000万 「ショッピング」100万
・ 別途お申込みが必要です。カードをお手元にご用意の上、UCSコールセンターへお電話でお申込みください。
(※ご出発2週間前までにお申込みください。)
・ 国内旅行傷害保険はUCSカードでご旅行代金を決済された旅行が適用となります。

【申込資格】 満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方   [2008年4月25日時点情報]

Yahoo!JAPANカード 

・国内最大手ポータルサイト「Yahoo」が発行するクレジットカード
・100円につき1ポイント貯まり、Yahooショッピングや共同購入ではポイント2倍
・200万円までのショッピング保険・ネット不正利用保険・ETCカードも付帯。
・年会費無料となり会員数大幅増を図っています。

【年会費】 永年無料
【限度額】 10~50万
【審査・発行】 1週間程度
【付帯保険】 「ショッピング」200万
【申込資格】 18歳以上で安定した継続収入のある方

SBIレギュラーカード 

・2005年に設立されたSBIカードが発行する出来たてクレジットカード
・毎月の「引落とし日」「支払額」「一括、リボ払い」等の設定が自由にできる!
・常時還元率1%以上(1000円につき10ポイント)のキャッシュバックポイント
・家族まで補償される、充実の海外・国内旅行保険付き!
・5つの色から選べる、国内本真珠を使用した美しいカードフェイス


【年会費】 永年無料
【限度額】 10~80万円
【審査時間】 -
【カード発行】  -
【付帯保険】 「海外旅行」2,000万 「国内旅行」2,000万
【申込資格】 高校生を除く18歳以上の方で、収入のある方。

ライフカード 

・他社を圧倒する業界最高クラスのポイント還元率!誕生月はポイント5倍!
・入会すると50P、発行して3ヶ月はポイント2倍、リボ・分割払いで+20P、
・他社より比較的限度額が多くもらえる、ポイント派御用達のカード!!

【年会費】 永年無料
【限度額】 10~100万円
【審査・発行】 最短7営業日
【付帯保険】 「海外旅行」2,000万 「国内旅行」2,000万
【申込資格】 日本国内にお住まいの高校を卒業された18歳以上で、電話連絡が可能な方にお申込        みいただけます。(※未成年者の方は親権者の同意が必要です。) 

>>申込・公式HPはこちらから「ライフカード

クレジットカードの所有率 

20代後半?50代(学生を除く)の80%以上の人が何らかのクレジットカードを2枚以上持っています。一番多い保有枚数は2枚です、1枚だとカードが使えなくなった場合に困るので複数枚持っていると安心です。


具体的な数字は、2006年3月末の発行枚数2億8,905万枚で前年よりも5.7%増加しています。1億367万人(20歳以上)とすると、1人あたり2.8枚は持っている計算になります。

クレジットカードを作った理由 

・社会人になったので。
・海外旅行へ行くことになったので。
・年会費がかからない(年会費永年無料カード)。

・キャッシュバックがある。
・カードの特典が魅力的。
・ポイント・マイルを貯めたい。

・いざというときに便利。
・店内で勧誘されたため。

クレジットカードをどんな時使う? 

・高額の品物を買うとき。
・海外で買い物するとき。
・手持ちのお金が足りないとき。

・公共料金の引き落とし。
・インターネットショッピング。
・通信販売。
・カード会員が割引の日、または優待日。

高額な品物を買う場合、カードだと多額の現金を持ち歩かなくてすみますよね。

また、商品が盗難・紛失・破損した場合に補償をしてくれるカードもあります。他には、分割払い、リボ払い、ボーナス払いにできるという利点もあります。

クレジットカード一月の平均使用額は? 

・5千円未満:13%
・5千円?1万円未満:18%
・1万円?3万円:33%
・3万円?5万円18%
・5万円?8万円:9%
・8万円?10万円:3%
・10万円以上:4%
・わからない:3%

クレジットカードを利用するうえで一番心配なのが『使いすぎてしまったらどうしよう…』ということだと思います。

『クレジットカードより現金が一番!』という考え方もありますが、カードは割引や優待サービスが受けられたりするので現金よりもお得なのです。現金でもカードでも大事なことは『使い方』が重要だということです。

クレジットカード裏面のサイン 

クレジットカードの盗難や偽装による詐欺は、後を絶えないのが現状です。

まず注意すべき点は、クレジットカードの裏側に必ず自分のサインを記入しておくことです。

サインがないと、紛失・盗難などで不正使用されたときにクレジットカード会社からの補償が受けられません。

クレジットカード業界順位 

日経MJ「サービス業総合調査」、2006年度クレジットカード編11月14日の日経流通新聞に、「第25回 サービス業総合調査(クレジットカード)」の結果が掲載されていましたのでご紹介します。

日経MJ「第25回 サービス業総合調査(クレジットカード)」
(2007年11月14日付け日経流通新聞より上位10社を抜粋)
順位 社名 取扱高(億円) 前年度比(%)
1 VJAグループ 71,987 18.2
2 JCB 71,251 11.7
3 クレディセゾン 51,090 -
4 三菱UFJニコス 49,735 30.3
5 イオンクレジットサービス 21,802 11.8
6 OMCカード 15,905 3.3
7 オリエントコーポレーション 13,559 5.2
8 ジャックス 9,041 11.4
9 ライフ 8,122 12.5
10 セントラルファイナンス 6,654 9.9

(注)2006年度。取扱高はローン専用カードを除く提携、代行カードを含めたショッピング、キャッシングなどの合計。

クレジットカード取扱高:前年比15.2%増
1回あたりの利用単価(平均):23,054円(前回調査の約2分の1)

ポイントカード(スタンプカード)平均保有枚数は? 

11月29日に、飲食店の情報サイトを運営するぐるなびが、ポイントカード(スタンプカード)に関するアンケートの結果を発表しています。

ぐるなび:「ポイントカード(スタンプカード)に関するアンケート」(PDF、2007/11/29)

ニュースリリースに詳細なアンケート結果が掲載されていますが、主な内容は以下の通りです。

所有しているポイントカードの平均枚数
・全体:15.34枚
・男性:11.68枚
・女性:19.05枚

飲食店のポイントカードの管理状況
・常に携帯:69.4%
・必要な時だけ携帯:26.1%
・持っているけど、使わない:1.3%
・持っていない:1.4%
・その他:1.9%

おサイフケータイ機能の今後の利用用途(複数回答)
・電子マネーとして:89.6%
・ポイントカードとして:70.1%
・定期券、乗車券などとして:52.7%
・クレジットカードとして:31.5%
・その他:3.3%

ICクレジットカードに関する消費者意識調査(2007年版) 

日本クレジットカード協会が11月26日、ICクレジットカードに関する消費者意識調査の結果を発表しています。

日本クレジットカード協会:JCCA、ICクレジットカードに関する消費者意識調査結果を発表(2007/11/26、日経プレスリリース)

調査は日経リサーチのクレジットカードを保有するモニターを対象に、インターネット上で行われたもので(実施時期:2007年7月下旬?8月上旬、回収サンプル数:780サンプル)、主な結果は以下のようになっています(カッコ内は前年の調査結果)。

ICカード推進状況に関する認知度
・知っている:61.5%(57.1%)
・知らない:38.3%(42.2%)
・無回答:0.2%(0.7%)

今後のクレジットカード利用意向
・ICクレジットカードがよい:48.7%(47.3%)
・どちらかといえばICクレジットカードがよい:42.9%(44.7%)
・どちらかといえば従来式(磁気)がよい:7.0%(6.7%)
・従来式(磁気)がよい:1.5%(1.3%)

ICクレジットカードの暗証番号(質問対象:ICクレジットカード保有者)
・確かに覚えている:68.6%(72%)
・自信はないが、何となくわかると思う:20.6%(19%)
・わからない:10.5%
・無回答:0.4%

暗証番号の利用状況(質問対象:暗証番号の入力を求められたことがあるICクレジットカード保有者)
・よく求められるようになった:54.9%(36.5%)
・まだあまり求められない:38.4%(54.0%)
・ほとんど求められたことがない:6.6%(9.0%)
・無回答:0%(0.5%)

クレジットカード1枚のコスト 

クレジットカード会社がカード1枚作るのにどの程度のコストがかかっているのでしょうか。
カード発行枚数によって違いますが、カード1枚あたり100円、そこにICチップをつけると300-500円ほどかかります。

そしてカードの盗難補償にかかる保険料はおよそ70円くらいになると考えられます。

カードが作られ、そのカードを郵送するのに290円。

それからパンフレットやその他宣伝などに経費が使われ、基本的な年会費1250円のほとんどがこれらの経費で消えていきます。

そこにICチップを搭載すると年会費は完全に消えてしまう可能性もあります。

これで年会費無料クレジットカードの発行がクレジットカード会社のギリギリの戦略というのがよくわかると思います

クレジットカードの歴史 

クレジットカードは1900年代初めにアメリカで航空会社やホテル、石油元売り会社、大手百貨店などが、売り上げの事務処理を正確かつ大量に処理すること、そして顧客情報の管理と囲い込みを目的に発行したのが始まりです。

その後世界恐慌や第二次大戦で発展はなかったのですが、1950年、アメリカでダイナースクラブが設立されました。
ダイナースクラブの設立のきっかけはとてもユニークなもので、フランク・マクナマラという金融機関の男がレストランで食事したときに財布を忘れ、恥ずかしい思いをしてしまい、自分以外にも同じような思いをさせないためにはどうしたらいいかを考えました。
その結果ツケで食事できるようなシステムを作ろうと考え、そこで設立されたのがダイナースクラブであり、発行された会員証がダイナースカードです。

その後1951年に銀行がクレジットカード業務を開始、1958年にアメリカン・エキスプレス、VISAの前身のバンカメリカードを発行するなど、クレジットカード業界に企業や銀行が参入してきました。

おサイフケータイ 

おサイフケータイは、携帯電話をかざすだけで買い物などができるというドコモの主力商品ですが、実際の支払いは、携帯電話に内蔵されている電子マネーにより支払われています。

つまりプリペイドカードが携帯電話に内蔵されているのです。

一方、新たにクレジットカードが内臓されたおサイフケータイも登場しました。

クレジットカードとして利用できるので、電子マネーにチャージ(入金)する必要がありません。

通常のクレジットカードと同様に使用できますが、あらかじめ指定されたクレジットカード会社と契約をしておき、おサイフケータイに専用ソフトをダウンロードしておく必要があります。

クレジットカードを多く持ちすぎるデメリット 

このサイトで紹介しているクレジットカードは、全て維持費がかからない永年年会費無料のクレジットカードです。維持費がかからないのだから、複数のクレジットカードをつくりたくなる方もいると思いますが、クレジットカードを多くつくりすぎるデメリットについて話したいとおもいます。


 1.管理の手間がかかる
 クレジットカードを複数枚持てば、1ヵ月に引落日が複数回やってきます。1ヵ月にあまりに頻繁に引落がくると口座の残高の確認などが大変です。引落しが1回にまとめられるというクレジットカードの魅力もなくなってしまいます。
 また、財布を落とした時には、持っているクレジットカードのクレジットカード会社全てに連絡を入れなけらばなりません。いくつかのクレジットカードを自宅にしまっておいても、それはそれで普段使わないので、失くしても気づきにくいというリスクがあります。クレジットカードを多く持っていると、どうしても管理がおろそかになり、不正利用されても気づきにくくなってしまいます。

 2.与信枠圧迫
 クレジットカード会社などの金融機関は、その人の年収などの信用状態をもとにクレジットカードやローンサービスの審査をしています。クレジットカードを複数枚もっているとそれだけ、使える与信枠(ショッピング枠・キャッシング枠)が増えます。新たにクレジットカードをつくる時や他のローンサービス(銀行のカードローン、住宅ローン、教育ローンなど)を利用する時に、その金融機関がその人の信用状態に対して他社の与信枠が多いと判断すると、利用を断られたり与信枠が減額されてしまいます。
 クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠があれば、すぐに利用できるので金融機関もそれを考慮のうえで与信枠を決定します。


 最初は1?2枚のクレジットカードをまずつくり試してみて、他のクレジットカードもやはり欲しいと思ったら申し込むのがいいと思います。

「VISA」と「MasterCard」の違い 

Q=現在、「VISA」と「MasterCard」の両方を利用していますが、どちらか一方だけ持っていれば問題ないのでしょうか?違いがイマイチよくわかりません。

「VISA」と「MasterCard」は、現在5つある国際ブランドの中で決済カードとも言われており、通常、それら2つの国際ブランドのどちらかを持っていれば旅行先での決済に困ることはありません。(2つとも所持しているのであれば、旅行先で決済に困ることはまずありません。)また、これら二つのブランドの違いと言えば、それぞれの決済可能な店舗の違いや、得意地域などが挙げられますが、その他にも随時行われるブランドごとのキャンペーンなどにも違いは見られます。

さらに言えばカードの歴史まで遡る話となりますのでここでは割愛させていただきます。実際に私達が享受するサービスの違いについては、国際ブランドではなく、各カード会社によって実施されるものですので、そこでのブランドの違いはあまり見られないと思います。

もし、利便性を考えるなら、すでに「VISA」をお持ちであれば、同じブランドではなく「MasterCard」などを選ぶようにして、できるのであれば、所持する国際ブランドは被らないようにした方が後々の為にも賢い方法だと言えます。そして、決済重視ではなく、サービス重視でブランドを選ぶのなら、他の国際ブランドである、「JCB」や「ダイナースクラブ」、「アメックス」などのエンターテインメント型ブランドを選ぶと良いでしょう。

ショッピング枠をオーバーしてしまった 

Q=ショッピングの利用可能枠を越えてしまった場合はどうしたらいいですか?私のショッピング枠は20万円なのですが、今月すでに10万円くらい使ってしまっていて、それを忘れていて15万円を二回払いでカードを使ってしまったんです…5万円超えてしまっても大丈夫ですか?

A=ご質問の件ですが、それぐらいならばそれほど問題にならないと思います。もちろん枠を守ることは必須ではあるのですが、それくらいならばカード会社としても想定範囲内でしょう。

また、カード会社からの連絡もないことから、決済可能であると思います。それによって信用情報に傷が付くことはないのでご安心下さい。そうしたことは実際によくあることです。ただ、それが度々続くようだと、 カード会社から確認等の連絡がいくかもしれません。

カードの利用額を毎月把握して利用するのは難しいことです。現在の残り枠は、カード会社に電話やインターネットを利用して確認することができますが、とても面倒と言えます。誰もが思いつく簡単な方法としては、利用したレシートをとっておく方法です。財布などに今月利用したレシートを入れておけば、その場で残り枠の計算できるはずです。

国際ブランドとは? 

クレジットカード作成時に、大きな選択肢の一つとして慎重に選ぶようにしましょう。国際ブランドとは、独自の海外加盟店ネットワークと決済システムを世界規模で構築して、日本だけでなく海外でも利用できるカードのことを言います。

現在の国際ブランドは、全部で5種類、VISA(ビザ)カード、Master(マスター)カード、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースクラブカード、JCBカードなどがあります。おそらく、一度は耳にしたことがある名前ばかりではないでしょうか。

この国際ブランドの中で、特にVISAカードとMaster(マスター)カードは会員数&加盟店数ともに、他の国際ブランドカードを寄せ付けず「世界の2大国際ブランド」と呼ばれています。さらに、この2強と呼ばれる中でも、VISAカードは会員数、加盟店数共に世界NO.1です。またアジア地域でもVISAカードは優位性を誇っています。

国際ブランドの目的、役割は、世界中で安心して使えるクレジットカードとして、決済を安全、確実に行えるよう、システムを構築していくことです。

また、基本的にVISAカードとマスターカードは、自ら加盟店開拓やカード発行をせずに、主にライセンス提供のみを行っています。(アメリカン・エキスプレスやダイナースやJCBは自社発行もしています。)なお、日本からは唯一、JCBのみが国際ブランドとして認められています。

この国際5ブランドですが、さらに用途別として2つのグループ分けをすることができます。一つは、

決済カード(VISA、マスターの2大ブランド)

で、もう一つは、

T&E(Travel&Entertainment)カード(アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCB)

と呼ばれています。

これら2つのグループのうち、「決済カード」は幅広い加盟店をもち、決済に優れているカードです。これに当たるのが、VISAカード、マスターカードの世界2大ブランドです。この2つの内、どちらか1枚持っていれば、世界中のどこでも決済可能と言って良いでしょう。

T&Eカードは、加盟店(決済できるお店)は決済カードより少ないのですが、その分、他の付加価値サービス(海外保険や、割引サービスなど)が付帯されているカードです。このT&Eカードにあたるのが、アメリカン・エキスプレスカード、ダイナースカード、JCBカードなどで、空港ラウンジサービスなど、海外でのサポートサービスは決済カードより、断然優れています。

系列カードの審査 

カード会社によって、サービスや審査は様々です。しかし、系列で分けると、それぞれのカード会社は、似通ってきます。

銀行系クレジットカードは、名前の通りお堅いイメージで、審査は他のカード系列に比べて厳し目です。クレジットカードがどうしても欲しい方は、比較的審査が甘いと言われる、流通系クレジットカードや信販系クレジットカードを狙ったほうが良いでしょう。

メーカー系クレジットカードは、例えばお気に入りのメーカーが、クレジットカードを発行しているような場合が考えられます。その場合、カード対象商品に様々なサービスがつきます。メーカー系クレジットカードは、限られた商品、サービスの中で絶大な特典とサービスを享受してくれることから、もし、特定のメーカーを利用するようなら、ぜひ一度、カードを発行していないか、確かめると良いでしょう。多くは提携カードで、年会費が必要ないことや、比較的審査も甘めです。

実際の所、系列によって審査に通りやすい、通りにくいなどはあります。まず、カード作成時には、そのカードが本当に欲しいのかどうかを考え、目的のカードがどこの系列か、自分がカードの発行条件に適しているかなどを知った上で申し込むのが良いでしょう。クレジットカードはむやみに複数枚持つような物ではありません。

クレジットカードの系列 

ここで、カード発行会社の系列をご紹介します。系列とは、そのカードがどの分野に強いかや、そのカードの特徴を大きな枠で表しています。カード選びに迷ったら、まずはクレジットカードの系列から選んでみませんか?

まず、カード業界シェアNO.1は、古参である「銀行系カード」です。NO.2は「流通系カード」、NO.3は「信販系カード」と続きます。

言うまでもなく、銀行系カードは名実と共にクレジットカード業界をリードしてきました。それもそのはずです。銀行系カードの歴史はカード系列の中でも最も古く、約30年から40年も前からクレジットカードを発行しています。そして、上記にご紹介した3つの系列は、日本のクレジットカード業界のシェア約90%を占めています。つまり多くの消費者は、いづれかの系列を持っているということになるわけです。

さらに、クレジットカードの種類は系列ごとに大きく4つに分けられます。

銀行系クレジットカード
銀行系カード会社は、約30?40年の歴史があり、常にクレジットカード業界をリードしてきました。また、加盟店舗も他系と比べ多く、ショッピング、ホテル、レジャー施設などの割引などに始まり、すべてにおいてバランスが取れたカードと言えます。また、銀行系クレジットカードは、他の系列に比べ審査は厳し目です。クレジットヒストリーがないと厳しいかもしれません。
(三井住友カード、UCカード、DCカード、UFJカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースカードなど)

信販系クレジットカード
信販系クレジットカードの特徴は、支払い方法が多彩で、入会審査も比較的甘いと言えます。まず、お勧めポイントとしては、自動付帯保険サービスがあります。信販系クレジットカード(NICOSカード)なら、最高2000万円の国内・海外旅行障害保険などが自動付帯されます。
通常ならば、ゴールドカードなみの保障なので、これはかなりお勧めのポイントです。
また、提携先の種類も数多く、多種多様なカードを発行しています。自身の趣味にぴったりマッチしたカードを見つけやすいでしょう。
(NICOSカード、オリエントコーポレーション、ジャックスカード、セントラルファイナンス、ライフカードなど)

流通系クレジットカード
スーパー、百貨店が発行する流通系クレジットカードは、お店独特のポイントサービスや割引が特徴です。また、流通系カードならではの、会員限定サービスも特徴的です。会員限定サービスでは、大幅な割引セールもあります。
以上のようなサービスからも、 流通系カードが女性の圧倒的な人気を誇っているのは納得できます。
(クレディセゾン、イオンカード、オーエムシーカードなど)

メーカー系クレジットカード
各会社独自のサービスを展開し、自社商品の割引などのサービスが得られます。メーカー系クレジットカードは、限定はあるものの他のカード会社よりポイント還元率が高いので、もし自身のライフスタイルに合うメーカー系カードがあるのなら、一枚持っておいて損はないカードだと思います。
(TSキュービックカード、ホンダカード、デルプレミアカードなど)

カードの支払い機能 

クレジットカードを所持している方の中でも「クレジットカードは持っているけど、支払い方法がいろいろあり過ぎて分からない」という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?実際、所持しているカードの支払い方法を、すべて理解しているという方はなかなかいないはずです。

そこで、下記では、クレジットカードの主な支払い機能をご紹介します。クレジットカードの支払い方法は多彩です。日本で一番利用率の高い「一括払い」から、実は、金利手数料がかからない「2回払い」など、その他にも多くの支払い方法が備わっています。できることなら、支払い方法の中で、最も適した支払い方法を、ご自身で選択できるようにしておきましょう。また、それだけではなく、分割払いの場合は、計画的に行い、使いすぎには注意します。

なお、最近では、電子マネーの普及あり、クレジットカードにも自動付帯されるようになりました。今後は電子マネーも、クレジットカード同様に活躍する時がくるはずです。

クレジット機能

一括払い(マンスリークリア)=商品購入後1?2ヶ月後に一括してお支払い。金利がつかず、もっともよく利用されます。

2回払い=金利手数料が必要ありません。実質1回払いと同じです。

分割払い=2ヶ月以上かつ3回以上に分割してお支払い。金利が付きます。

リボルビング後払い=一定の利用限度額枠と毎月の最低返済額を設定する。カード会社にとって、とてもおいしいお支払 い方法です。金利も高く設定されています。

キャッシング機能

キャッシング=小口、短期間の即時融資。

ローン=低利、長期間の融資。

クレジットカードの分類、呼び名 

クレジットカードには、基本的に二つの呼び方があります。一つは「プロパーカード」と呼ばれ、カード会社が単体で発行するカードのことを指します。もう一つは「提携カード」という呼び方で、主にカード会社が企業・団体と共同で発行しているカードのことを言います。

現在、発行されているクレジットカードの大半は「提携カード」です。一般に「プロパーカード」より、「提携カード」の方が旨味が多く、付加ポイントや付帯サービスが充実しています。

プロパーカード
ニコスカード:ジャックスカード:UFJカード:ダイナースクラブカード:アメリカン・エキスプレスカード:DCカード
など、クレジットカード会社そのものの名前を冠したカード。

提携カード、カッコ内は発行元
ANAカード(JCBカードや三井住友カード):出光カード(セゾンカード):ENEOSカード(ニコスカード)
など、プロパーカード会社と提携し発行したカード。

クレジットカードの発行枚数は、すでに数億枚 

すでにクレジットカードの発行枚数は、2002年3月末時点で2億4459万枚を数え、国民一人当たり約2枚を所有している計算になります。クレジットカードと言えば、一昔前までは、一部の富裕層しか持つことのできない代物でしたが、現在では、国民の誰もが持てるカードとなりました。それどころか、一人で複数枚以上持ち歩く人もいるなど、まさに今のクレジットカードは、現代の消費者のマストアイテムと言っても過言ではないかもしれません。

また、昨今のクレジットカード普及に合わせて、使える場所や用途、利便性も拡大しています。特にそれが顕著に現れているのが、コンビニ業界です。

時代の流れに合わせて、コンビニでも続々とクレジットカード決済の利用が可能になりました。現在の所、セブンイレブンを除いた、ファミリーマートやローソンなどのコンビニでは、すでに導入済みであり、今後、すべてのコンビニでクレジットカードが利用できるようになると思われます。

さらに近年、新しい波として、電子マネーの登場があります。小額決済の代名詞とも言えるコンビニ業界が、今後、クレジットカードの代替品として、電子マネーを標準通貨として完全導入する日も近いかもしれません。